給水管の水漏れなどのトラブルはトイレなど場所を問わずに起きる

給水管の水漏れトラブルは、トイレや洗面所など場所を問わずに起きる可能性があるものです。この給水管から水漏れなどが起きた場合、どういった原因が考えられるのでしょうか。原因をある程度知っていればトラブルが起こった時に原因を確かめやすくなりますし、対処できるかどうかの判断もしやすくなるでしょう。

■錆びによる破損

給水管は金属で作られている物が多いため、時間経過によって錆びてしまって破損してしまう事があります。もし錆びている事が原因である場合、見た目で分かるので何が原因でトラブルが起きたのかが分かりやすくなっています。錆びによる破損は特に築年数の古い建物で起こることが多いです。耐久年数を超えて給水管を使っている場合があるため、破損する前に気を付けておくと良いでしょう。


■凍結による破損

冬に氷点下にまで気温が下がる地域では、凍結による破損も気を付けなくてはいけません。水を使った後に水抜きをしないままにしてしまうと凍結しやすくなり、凍ったまま使おうとする事で破損してしまう事があります。これは場所を問わずに起きる危険がありますから、きちんと水抜きをするなどを対策をしておく事が重要です。また、時間経過で改善する場合もあるので、水が出ないからと蛇口を回しすぎてしまったりしないように気を付けましょう。

■まとめ
給水管のトラブルはトイレなど関係なく起きる可能性があります。考えられるトラブルの原因も少なくありませんから、トラブルが起きた時にはまず考えやすい原因の確認をしておくようにしましょう。わかりやすい原因も多いので、素人であっても確認は難しくありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ